2011年6月19日

2011年、初釣行

実に久々の更新です。
今年初めての釣行で、いつもの場所に行ってきました。
水量がまだ少し多かったせいか?どこでも渋く、無反応。
そうこうしているうちに、川下側で明らかなチェイスがあり、寸前のところで乗らず。
下いっぱいまで行って戻ってくるときに、同じ場所でもう一度チャレンジすると、同様にチェイスがあり、何回か反転するも最後まで追いかけてきて食った!!
ライトアクションだったので結構引く。
ニジかと思いきや、どうやらイワナのよう。
体格は細いので、それほどでもないかと思ったが、長さは意外にも泣き50はあった。
しかも画像ではわかりにくいが、赤い斑点があり、オショロ系である。
豊平川にもオショロがいるんですね。
Imgp3916


Imgp3917


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日

デカニジパラダイス

職場の同僚諸氏と道東方面に温泉&フィッシングツアー。
金曜の勤務後に立ち、北見に23時ころ到着し1泊。
実質1泊1日の強行スケジュールだったが、小春日和と満月に恵まれ、晩秋の道東を満喫でき命の洗濯ができた。
翌日は7時に北見をたち、一路A湖畔へ。
湖畔で温泉チームと分かれ、我々フィッシングチームはデカニジの聖地、A川へ。
先行者はいたがシーズンも終盤ということで、それほど多くはなかった。
この付近は以前に温泉宿があったとかで、源泉が流れ込んでおり温かい。
そのせいか?魚が定位しているようだ。
今回は7gのブレットンにレギュレーションのシングルフックをセットし、深みを流すこと数投、根がかりかと思うような重いバイトで何やらでかいのが乗ったようだ。
やや重い流れのせいもあるだろうが、バス用のパームスフレイムプレシジョン6ftを満月のようにたわませ、潜水艦のように下へ下へと引いていく。
6ポンドラインなのでドラグをゆるめ、ロッドを立てて耐えること5分、何とか岸に上げたのは43センチくらいのニジだった。
Imgp3854
長さこそそこそこだが、体高と太さがあり、このような引きになるのだろう。
それにしても自己ベスト更新だ。
同様のパターンでほどなく40アップを追加。
Imgp3856
日が上がり、1バラシ以外に活性がない。
同僚はフライで3匹、いずれも40~45クラスだ。
移動もしてみるが、結局もとの場所に戻り、納竿時刻の14時を少し前に、再び強力なあたり。
どうやら今日一番の引きであったが、今度は冷静に、しかしやや大胆に寄せてくるとネットでのランディングが難しそうなので、岸に強引に上げる。
その瞬間、スイベルからラインブレイク、危うく自動リリースしてしまうところだった。
正確に測っていないが、45は楽々超え、泣き50というところか?
再度ベスト更新の満足サイズだ。
Imgp3864


Imgp3860


Imgp3861


Imgp3862


Imgp3863


今年の最後を締めくくる、万感の思いをかみしめながらリリースする。
それにしても、この川には40センチ以下はいないのか?本当にデカニジパラダイスだ。
この釣行で2010シーズンはストップフィッシングとなる。
S川に始まりA川で終わる、最高のシーズンだった。
またこのツアーを企画してくれた同僚諸氏の皆さん、ありがとうございました。
Imgp3865


Imgp3866


帰りはオンネトウ温泉に入った後、旭川に立ち寄り、同僚の一押しの「ラーメン蜂屋」の醤油ラーメンセットに舌鼓。
いやー旨かった。
Ca3e0038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日

レガシー復活!

ニューラジエーターを引っさげて、1週間ぶりにレガシーが帰ってきた。
外観は何ら変わらないが、よくよくのぞいてみると、従来品と違うのは無塗装でアルミむき出しのチューンドカー風。
ただしラジエーターの前にエアコンのコンデンサーが半分ほどかぶっているのは残念。
冷却効果が効いているのか?過給器系もスムーズで、エンジンの吹きあがりも心なしか良い感じがする。
今回はラジエーター以外は無傷だったので助かった。
まず次は20万キロ突破、がんばります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月19日

レガシー、オーバーヒート(続報)

レガシーの故障箇所がわかった。
結論的に言えば、ラジエーター本体。
どうやらロアホースとの継ぎ目付近に亀裂があるとのこと。
本体とロアホース、そしてサーモスタットの交換が必要。
本体は中古部品もあると言われたが、結局社外品だが新品にしてもらうことにした。
やはりターボ車、しかもツインターボは冷却系が命。
ちょっと出費は大きいが、全体の性能にはかえられない。
オーバーヒート後すぐにエンジンは止めたので、エンジン本体や過給器系は大丈夫だと思うが…
今週いっぱいかかるようなので、久々の電車通勤だわさ。
早く帰ってきてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日

レガシー、オーバーヒート

昨日職場から帰宅しようと走り出したところ、5号線に出て少しふみ気味で加速していたら、何やらキュルキュルという音とともにボンネットから白煙が噴出。
これはただ事ではないと思い、すぐに歩道に上げてエンジン停止。
メーターをみると水温計がアッパーで、下からは緑色の液体、間違いなく冷却系が逝ったと判断できた。
とりあえず道路わきに中古車屋さんがあったので、進入路部分に停めさせてもらう。
そうすると中から出てきたのは、どうやらロシア系の方のようで、片言の英語で、レッカーを呼ぶので待たせてもらいたい、といったことを言うと、コーヒーでもどうだい?とウィットに飛んだ返答だった。
小一時間でレッカーが到着。
これまた幸運なことに、数年前に燃料ポンプが逝ったときにお世話になった方だった。
札幌の地元のカローラに運んでもらい、何とか今日のところは落着。
皆さまいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
カローラの担当の方によれば、ウォーターポンプかもしれないとのことだったが、この3連休で故障箇所を診断してもらう。
それにしてもそろそろ16万キロ、1日往復70キロの通勤に加え、この夏は特に酷使したからな。
オーナーと一緒でもう満身創痍なのか?
いや、必ず戻ってこい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日

カブトムシ

以前の記事にも書きましたが、昨年職場の同僚からもらったもので、比較的個体の大きいもの7匹を選んで飼育していた幼虫ですが、さなぎになった時点でカブトムシだったことは分かっていました。
このたびめでたく5匹が羽化し(残念ながら1匹は幼虫で、もう1匹はさなぎで他界されました)、内訳も見事に♂3、♀2でした。
羽化した後は大きくならず、幼虫の大きさがそのまま成虫に反映されるとのこと。
幼虫の時点である程度選別していたので、結構立派な成虫でした。
それにしても、あんな芋虫みたいな幼虫がこんなかっこいいカブトムシになるとは、あらためて自然の神秘を感じますなあ。
Imgp3759


Imgp3760


Imgp3761


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日

再びアウェイ

予告どおり行ってきました。
いわずと知れたS川。
今回は4年ぶりに、前職の先輩との釣行。
約1ヶ月前に行ったときと比べて、水量や濁り具合はほとんど変わらず。
渡れるところがわたれず、結局ポイントが限定されていた。
メジャーな各線に入りますが、40アップが1本きたきりで、後はコバッチーのオンパレード。
上流の例のポイントでは、それでも久々にオショロが2匹きました。
先輩にも大きさはともかく、数はそこそこ出たので、大満足とはいきませんでしたが、まあまあ良かったとしましょう。
Imgp3734


Imgp3735


Imgp3738


Imgp3742


Imgp3746


Imgp3748


Imgp3750


Imgp3751


Imgp3753


Imgp3758


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日

ショートバイト

仕事の帰り道、いつもの場所にて。
イブニングだったので朝に撃たれていたか?どこも出ない。
それでも何箇所かでチェイスがあるが、ショートバイトばかりでなかなか乗らない。
フックをシャープンするんだけど、コバッチーだからか?
やっと1本獲れたのがこれ。
Imgp3731


来週は再びあの川に遠征予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 4日

ホームにて

今日は日曜日だったので、上流にも下流にも先行者あり。
仕方なく、入渓点の付近で2本ほどコバッチーをとったあと、大きく上流に追い越して今期初のポイントを撃つ。
コバッチーばっかりでしたが、中に1本だけまあまあサイズが混じりました。
その後、大きく下流に移動して、これまた今期初のポイントでコバッチー。
釣れるには釣れるんだけど、本当にコバッチーばっかり。
Imgp3725


Imgp3726


Imgp3727


Imgp3728


Imgp3729


Imgp3730


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日

クワガタ採り&釣り

昨日の夜から今日の日中にかけて、クワガタ採りと釣りを兼ねて出かけてきました。
クワガタのほうはあいにく、ゴールデンタイムが雨で飛来がなかったようで、収穫はありませんでしたが、釣りのほうはガイドブックに載っていたS川水系の小さな支流で初めてやってみました。
渓相は良い感じの川なのですが、ザラ瀬が多く浅い。
結局、コバッチーに遊んでもらっただけでした。
Imgp3719


Imgp3720


Imgp3721


Imgp3722


Imgp3723


Imgp3724


明日はホームに戻ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧