2016年10月30日

ブラックニッカ60周年 ブレンダーズスピリット

1477824130037.jpg

1477824131729.jpg
11/1発売なんだが、あるルートで入手できた。
ブラックニッカ発売当初のモルトや余市のモルトが入ってるんだって。
ピートの効いたガツンとくる味の後に甘さが追いかけてくる。
ブルーのボトルもビューティーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日

真狩村へ水汲みに

久々の更新でご無沙汰しております。
さて、真狩村へ水汲みに行ってきました。
連休で混んでいるだろうとふんで、早朝に出発して7時くらいに到着。
大正解。
着いてすぐ水汲み場にバックで入れることができて、楽に水汲みできました。
札幌市内某所も京極の噴出し公園も良いのですが、最近は楽に汲めるのでもっぱら真狩村ばっかり。
汲み終えたあたりから徐々に混んできた。
帰り道も定山渓あたりでは、札幌から来る方向は混んでいた。
家に帰ってから、なんちゃって名水カフェと竹鶴21年のハーフロックで楽しみました。
Ca3e0008
Ca3e00090001
GT-Bが早春の羊蹄山に映えるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日

「昴」を集めています

皆さまの「札幌支店」(ウスケバ営業所)を更新しました。

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日

粗濾過限定品の『軽井沢VINTAGE』1995

皆さまの「札幌支店」(ウスケバ営業所)を更新しました。

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日

サッポロウイスキーSS

ご存知の方も多いと思いますが、札幌市には世界に誇れる地ウイスキーがあります。
札幌酒精という会社が作っている「サッポロウイスキー」シリーズです。
http://www.sapporo-shusei.jp/list/yousyu_list01.html
昨日の記事にも書いたとおり、札幌市内某所で汲んできた湧き水に会うかな?と思い、その最上グレードのSSを購入してみました(税込み1280円です)。
070512_17190001
ブレンディッドウイスキーですが、熟成度もそこそこあり、全体的には淡麗でドライな感じです。
ロックやハーフよりも、水割りかハイボールがいけそうな味わいです。
ちなみにつまみは、昨日さっぽろ湖畔でとってきたフキノトウなど野菜の天ぷらです。
Imgp1835
070512_18130001
フキノトウはすこし大ぶりでやや大味でしたが、今しか味わえない春の味覚ですね。

ちなみに、ネット通販の「まるどら」さんのHPにあった「サッポロウイスキーSS」の批評は次の通りです。

大きな声では言えませんが、売れてません!!
“まるどら”が自信をもって推奨する“サッポロウイスキー SS”。

メチャ美味しいのに何故売れないのか?しかし、一言、言わせて下さい。
「サッポロウイスキー SSはメチャメチャ美味しい」

何故、美味しいか?何といっても、売れてないからです。
サッポロウイスキー SSとは、7~8年貯蔵のモルトから厳選された数種のモルト原酒をブレンドし再貯蔵によりゆっくりと熟成させた地ウイスキーです。
しかし、大かな声では言えませんが、売れてないから7~8年貯蔵のモルト、再貯蔵の年月がどんどん長くなっていきます。モルト原酒の良さに、貯蔵の長さを考えれば、美味しくて当たり前です。

だから、隠れ“サッポロウイスキー SS”フアンもいっぱいいます。地元では、“サッポロウイスキー SS”の事を“幻のウイスキー”と呼ばれている由縁はそこにあるのです。
しかし、バランタイン30年、カティサーク25年などとは、決して比較しないで下さい。負けます。あくまでも、値段で比較してくださいね!

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日

札幌の湧き水

以前からネットで情報は得ていたのですが、札幌市内某所に天然の湧き水があるということで行ってきました。
ちょっと迷いましたが、何とか発見できました。
今日は下見がメインだったので、ペットボトル2本ほど汲んできました。
Imgp1818
森のクマさんも汲みに来るようです。
お会いしたらご挨拶くらいしなくちゃと思いましたが、あいにくお留守のようでした。
Imgp1819
維持費の足しにでもと、お賽銭を捧げます。
ついでに、クマさんにお会いしないこともお祈りします。
Imgp1820
ペットボトル用?とポリタンク用?なのか、2種類の水量の湧水口があります。
Imgp1822
水質は問題ないようです。
070512_10560001
まずはコーヒーを落としてみます。
スーッと喉に引っ掛らない、滑らかでまろやかな喉ごしでした。

さて、しばらくはこの水と相性のいいウイスキーを探求することになりそうです。

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日

カティサーク モルト

やっとありました。
4月16日の発売日以来、ネットではチラホラ見かけてはいたものの、今日初めて量販店で発見しました。
内地方面ではとっくに出回っていたのでしょうね。
税込み2280円です(ネットではもう少し安い価格もありましたが、送料を含めるとむしろ高かったっす)。
ところで、普通のカティサーク(ブレンディッド)はコンビニなどでも当り前に売っているポピュラーブランドですが、これはカティサークの新製品で、モルトのみヴァッティングしているピュアモルトです。
さて、テイスティングですが、一口に言ってモルティです。
またピーティではない香ばしさがあります。
シングルモルトで言えばハイランドタイプの感じで、何でもマッカランが入っているということで、そのせいかな?という印象です(キーモルトはグレンロセスだそうですが、グレンロセスは飲んだことないっす)。
正直、本当に旨いっすー。
おすすめっすー。

以下、イーエスジャパンのHPより

1923年に誕生し、世界のウイスキー TOP10にランクインされるスコッチ・ウイスキーのビッグブランド「カティサーク」。カラメル着色しない、ライトでスムーズなブレンデッドウィスキーとして、1923年に開発されて以来、全世界にその「飲みやすさ」が広く受け入れられて来ました。

今回の新商品「カティサーク・モルト」は、グレンロセスをキーモルトに使用し、その他マッカラン、ハイランドパークを始めとしたクオリティの高いモルトのみをブレンドした、ブレンデッド・モルトウィスキーです。グレーンウィスキーを一切用いないその味わいは、リッチでスムーズな仕上がりです。「バニラ、シトラス、フルーティ、スパイシー」これらの個性豊かな4つのフレーバーをバランス良く感じることができ、従来のシングルモルト・ドリンカーのお客様にも親しんで頂けるものと考えております。

商品概要

商品名      :カティサーク・モルト
発売日      :2007年4月16日(月)
価格        :オープン

テイスティング・ノート

-色       :ミディアムゴールド、クリアで輝きがある
-香り      :軽くフローラル、バニラ、かすかなココナッツ香
-味       :しっかりとしたフレーバー、若いスペイサイドモルト特有の甘み
-フィニッシュ  :スッキリとしていてドライ

深みのあるグリーンのラベルとボトルは、これまでカティサークをお楽しみ頂いている皆様にも、より一層豊かな時間をご提供致します。

Cuttymaltcarton12
070506_12000001

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのもありました

こんなのもありました
羊蹄山ポテチです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日

京極町から余市町方面へ

GWの後半、恒例の水汲みを兼ねて京極町から余市町方面へ行ってきました。
Ca340028
Ca340029
冷たさ対策で長靴と手袋に身を固め、ペットボトル6本分汲んできました。
Imgp1729
羊蹄山にはまだ冬の名残が
Imgp1731
Imgp1732
尻別川は雪代の増水で、釣行まではもう少しですね
Imgp1737
名物「名水カフェ」
Imgp1738
何と無料試飲に「鶴17年」が・・・車でなければなあ・・・チクショー
Imgp1739
Imgp1740
何だか無料試飲コーナーが充実
Imgp1744
桜も七分咲きといったところ
Imgp1746
Imgp1747
正門が工事中
Imgp1748
Imgp1749
Imgp1750
仮設の受付
Imgp1751
いえいえどういたしまして
Imgp1754
Imgp1752
Imgp1753
我々の樽の隣には、今年1月に仕込んだ新樽が
Imgp1756
2号貯蔵庫に保管されている
Imgp1757
Imgp1758
蒸留棟は蒸留直後だったのか?熱くなっていました
Imgp1760
土産は「鶴」(旧)のミニチュア瓶、これから汲んできた羊蹄山の湧き水でやるのだ
Imgp1761
これがつまみか?

(追伸:「鶴」の感想)

比較対象になるのはサントリー「響」ですが、含んだ直後は響よりスモーキーさがあり、余市モルトが活きていますね。
その後ハーフで氷がなじんでくるとスムーズです。
個人的には、響より響きますよ。
羊蹄山の湧き水との相性もバッチグー(いつの言葉や?)。
ちなみにつまみは、余市のカキザキさんで買ってきたつぶ貝でした。
Ca340030

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日

ブラックニッカ クリアブレンド

私ともあろうものが?こんな大衆的なウイスキーに手を出すなんて、と嘆くつもりはありません。
実はちゃんと意味があってやっているのであります。
すなわち、ハイボールにあうウイスキー第2弾として、またブラックニッカクリアブレンド10周年を記念して購入したのです(しかも、某コンビニの1000円のプリペイドカードで炭酸2本とセットでジャスト1000円でした)。
ノンピートモルト使用でくせの無い味わいが炭酸とベストマッチですな。
また、多少ウイスキーをたしなむようになってから改めて飲んでみると、ハーフロックでもすっきりキレがあっていけますね。
人材もそうですが、ウイスキーも適材適所、高級な熟成度の高いウイスキーが必ずしもどんな場面でも旨いウイスキーとは限りません。
自分の最も落ち着ける環境と雰囲気で飲むウイスキーは、どんな高級なバーで飲むウイスキーにも優ります。
おごれるものは久しからず、時として原点に回帰する必要性を感じます。

以下、ニッカHPより

「ヒゲのウイスキー」として親しまれている、ブラックニッカの姉妹品です。ノンピートモルト(ピートを使用しないで乾燥させた、ピート由来のスモーキーフレーバーのない大麦麦芽)を使用することで、軽やかな香りとすっきりとしたクリアな味わいを実現しました。家庭用ウイスキーの人気商品です。

40845_pic05

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧