« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日

レガシー復活!

ニューラジエーターを引っさげて、1週間ぶりにレガシーが帰ってきた。
外観は何ら変わらないが、よくよくのぞいてみると、従来品と違うのは無塗装でアルミむき出しのチューンドカー風。
ただしラジエーターの前にエアコンのコンデンサーが半分ほどかぶっているのは残念。
冷却効果が効いているのか?過給器系もスムーズで、エンジンの吹きあがりも心なしか良い感じがする。
今回はラジエーター以外は無傷だったので助かった。
まず次は20万キロ突破、がんばります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月19日

レガシー、オーバーヒート(続報)

レガシーの故障箇所がわかった。
結論的に言えば、ラジエーター本体。
どうやらロアホースとの継ぎ目付近に亀裂があるとのこと。
本体とロアホース、そしてサーモスタットの交換が必要。
本体は中古部品もあると言われたが、結局社外品だが新品にしてもらうことにした。
やはりターボ車、しかもツインターボは冷却系が命。
ちょっと出費は大きいが、全体の性能にはかえられない。
オーバーヒート後すぐにエンジンは止めたので、エンジン本体や過給器系は大丈夫だと思うが…
今週いっぱいかかるようなので、久々の電車通勤だわさ。
早く帰ってきてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日

レガシー、オーバーヒート

昨日職場から帰宅しようと走り出したところ、5号線に出て少しふみ気味で加速していたら、何やらキュルキュルという音とともにボンネットから白煙が噴出。
これはただ事ではないと思い、すぐに歩道に上げてエンジン停止。
メーターをみると水温計がアッパーで、下からは緑色の液体、間違いなく冷却系が逝ったと判断できた。
とりあえず道路わきに中古車屋さんがあったので、進入路部分に停めさせてもらう。
そうすると中から出てきたのは、どうやらロシア系の方のようで、片言の英語で、レッカーを呼ぶので待たせてもらいたい、といったことを言うと、コーヒーでもどうだい?とウィットに飛んだ返答だった。
小一時間でレッカーが到着。
これまた幸運なことに、数年前に燃料ポンプが逝ったときにお世話になった方だった。
札幌の地元のカローラに運んでもらい、何とか今日のところは落着。
皆さまいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
カローラの担当の方によれば、ウォーターポンプかもしれないとのことだったが、この3連休で故障箇所を診断してもらう。
それにしてもそろそろ16万キロ、1日往復70キロの通勤に加え、この夏は特に酷使したからな。
オーナーと一緒でもう満身創痍なのか?
いや、必ず戻ってこい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »