« シングルモルト余市1986を購入してしまいました | トップページ | 十年浪漫倶楽部の樽を見てきました »

2006年12月17日

ボウモア12年

最近ちょっとウイスキーに金を使いすぎているので(金を使っているのであって、決して飲みすぎているのとは同義ではありません)、ベビー瓶で購入(一丁前にちっちゃな化粧箱に入っている)。
アイラモルトはラフロイグ以来約1年ぶりですが、正直ラフロイグがタール臭が強く口に合わなかったので、レギュラー瓶を購入するのははばかられていました。
まあ、アイラの特徴はそのままで、スモーキーでピーティで塩辛いと言えば塩辛い。
でも、ラフロイグほどタール臭くなく、結構くせになる味わいでした。
マッカラン12年が空いたら、レギュラー瓶で買っても良いなと思いました。

ボウモア12年(サントリーHPより)

アイラ島の名門ボウモアの代表作。
色=金褐色。香り=海藻やラベンダーを想わせる、ピート香とシェリーの熟成香。味わい=中辛口の力強いコク。アフターテイスト=心地よいピート香。

Imgp1395

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

|

« シングルモルト余市1986を購入してしまいました | トップページ | 十年浪漫倶楽部の樽を見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/13101037

この記事へのトラックバック一覧です: ボウモア12年:

« シングルモルト余市1986を購入してしまいました | トップページ | 十年浪漫倶楽部の樽を見てきました »