« ボウモア12年 | トップページ | エンブレム »

2006年12月21日

十年浪漫倶楽部の樽を見てきました

年内に1度見に行かねばと思い、ニッカウヰスキー余市蒸留所に行ってきました。
Imgp1401
Imgp1400
受付で場所をたずねると、案内係の女性がわざわざ案内してくれました。
浪漫倶楽部の樽は全部2号貯蔵庫に置いてあるとのことで、厳重に鍵がかけられていましたのでご安心下さい。
Imgp1406
Imgp1407
中に入ると、ひんやりした暗がりの中に我々の樽が並んでいました。
Imgp1405
当り前ですが、我々の樽が一番新しく、さらに同期で申込みがあったのは、この樽だけだそうです(希少価値があるかも?)。
2006.10.25の文字がご覧いただけると思います。
Imgp1404
Imgp1403
浪漫倶楽部が始まったのはそれほど古い話ではなく、実はまだ10年物は未出荷で、つい最近5年物が出たばかりだそうです。
Imgp1397
レストランで食べたランチ「スコッチブロス」。
スコットランドの家庭料理だそうです。

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

|

« ボウモア12年 | トップページ | エンブレム »

コメント

足柄山の金太郎 様

再コメント有難うございます。
幸い札幌市に住んでいますので、余市蒸留所にはついでがあると時々行っています(職場はなお近く、隣りの市町村です)。
ご依頼があれば、今度行った時に貴殿の樽の様子をご報告する事も可能です。
ウイスキーとマス釣りに明け暮れる日々ですが、今後ともお近づきの程お願い致します。

とよひら

投稿: とよひら ますひと(管理者) | 2006年12月22日 11:14

 とよひらますと さんは、神奈川ご出身ですか。
「おお~」、と言う感じです。
サントリーさんが、かつて工場用地の候補の一つに挙げた場所で生活の糧を得ています。

楽しくウイスキーをいただきましょう。楽しみながら「ブログ」を作りましょう。
私は、余市にシェアしている樽が3樽分あります。早いものが、あと3年で分けてただけるのでしょうか。
楽しみです。
どうか、今後ともご指導のほどお願いします。

呑んだくれ さん、 稲門会ですか。私は、断られたました(爆笑)。

投稿: 足柄山の金太郎 | 2006年12月22日 10:40

呑んだくれ 様

早速のコメント、有難うございます。
ニッカ掲示板によりますと、貴殿も余市1986をご注文とのこと。
私はその年に大学に入り、何とか?規定年数で卒業したと申し上げれば、年齢がお分かりいただけますでしょうか?
今後ともよろしくお願いいたします。

とよひら

投稿: とよひら ますひと(管理者) | 2006年12月22日 05:08

「足柄山の金太郎」さんのblogにもお邪魔している「呑んだくれ」です。2004年の十年浪漫倶楽部に入っております。2004年仙台ウィスキー塾に参加できたのですが、余市ウィスキー作りには参加できなかったので、十年浪漫に申し込みました。

早稲田の法学部ですと、私の先輩若しくは後輩(同級生?)になります。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 呑んだくれ | 2006年12月21日 21:50

足柄山の金太郎 様

早速のコメント、有難うございます。
足柄山ということで、神奈川県でしょうか?
私も神奈川県出身なので懐かしいです。
今度ともよろしくお願い致します。

とよひら

投稿: とよひら ますひと(管理者) | 2006年12月21日 10:35

ニッカさんの「十年浪漫倶楽部」にお入りになっているのですね。ニッカさんとの距離が一層近くなりますね。これは、年に4回毎に締め切っているようですね。こうやって、毎回少しづつ十年後に夢を託す。十年後の自分がどうなっているか、まわりがどう変わっているか。楽しみを預ける。気の長くなることですが、これをお商売にされているニッカさんも、お商売としてよりも、私たちへのサービスになっているのではないかと、私は、考えてます。
樽毎に微妙に異なる香味になるのもいいですね。そのようなことから、何回もこの企画にお入りになられる方もいらっしゃるようです。
本当に、楽しみ=夢 の企画ですね。

投稿: 足柄山の金太郎 | 2006年12月21日 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/13146406

この記事へのトラックバック一覧です: 十年浪漫倶楽部の樽を見てきました:

« ボウモア12年 | トップページ | エンブレム »