« 子育ての季節 | トップページ | 秋の味覚? »

2006年10月 1日

ショコツ惨敗の記

この週末、再び前職の先輩と今度は現地で待ち合わせて、ショコツ川に行ってきました。
ところが、キャッチアンドリリース区間はもとより、前回オショロコマをゲットするなど良い思いをした上流部でも本当に無反応で、なす術がありませんでした。
若干増水しているとは言うものの、水はそこそこクリアで、水温もそれほど低くは無く、悪いコンディションではなかったと思うのですが、何か原因があるのでしょうか?
確かに今までの経験で言えば、秋のある日に、いつもではありえないような低活性のことがあった記憶がありますが、この日もそういう日だったのでしょうか?
ブラックバスなら、いわゆるフォールターンオーバーという低活性の状況が科学的に分かるのですが、トラウトの場合、何かそういう状況があるのでしょうかね?
ヒントになる示唆として、宿を取った層雲峡のホテルの従業員の人が、川に落ち葉が入ると活性が落ちると言った意味のことを言っていましたが、確かにこの日も上流部では落葉が流れていましたが、キャッチアンドリリース区間ではほとんど無かったように思います。
落ち葉が邪魔で、トラウトも流心に出て行けないのかな?とは思いますが・・・
それでも、上流部で何とか出た1本がこれ。
流れ込み下の深みでコメットをターンさせピックアップ寸前に、岩陰からガボッと来ました。
30アップですが、体長の割には体高があり、何度もジャンプを繰返すレインボーファイターでした。
同じ場所でもう1匹掛けたのですが、ヒットした瞬間ドラグを鳴らす大物で、一気に下流に走られてしまい、一瞬の糸ふけを許した瞬間に、ばれてしまいました。
今回は色々な意味で勉強になった釣行でした。
Imgp1190
Imgp1194
_imgp1202
今回はアメリカンウイスキーが2本。
先輩がケンタッキーで入手してきてくれた、メイカーズマークとジャックダニエル。
メイカーズはバーボンで、マイルド&フルーティーな味わい。
ジャックはバーボンと一線を画す「テネシーウイスキー」で、味の系統はバーボンだが、より複雑でくせになる味わい。
日本でも並行品が輸入されているが、これは正規品のジャック。
合わせる水はこの前汲んできた羊蹄の水。
釣果が釣果だっただけに、どちらもどことなくほろ苦い。
Imgp1208
Imgp1210
層雲峡も秋の走り。

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

|

« 子育ての季節 | トップページ | 秋の味覚? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/12112459

この記事へのトラックバック一覧です: ショコツ惨敗の記:

« 子育ての季節 | トップページ | 秋の味覚? »