« 豊平鱒人になった日 | トップページ | 最近の魚種について »

2006年7月 9日

柳の下に2匹目のトラウトはいなかった

昨日に引続き、朝少しだけ豊平川に行ってきました。
所々チェイスはありますが、完全に見切られているようです。
普段はほとんど打たない場所で、足元までチェイスしてきたのがこれ。
Imgp0960
ブレットンでチビニジです

さて、柳の下に2匹目の何とかを求めて、例の大豪邸でブレットンをフォールさせている途中で、ココンという小気味良いあたりに引続いて、ググーという良い引き。
ピクニックの最中、誤って湖に「スプーン」を落としたのを、マスがくわえていったというのがルアーフィッシングの起源だとか。
ついに私もそういう瞬間に出会ったのかと、ビシッとあわせも決め、格闘開始・・・
でも何か変だ。
下へ下へ引いていくぞ・・・
しかもトラウト特有の切れのあるシャープな引きと違う。
まさかあのお方では?
やっぱり・・・
Imgp0962

初めてルアーでウグイ様を釣ってしまった。
ルアーはフライと違い、ウグイを釣り分けられるのがメリットだなどと豪語していたのですが、嘘つきになってしまったではないか。
あるじのいない大豪邸は、一夜にしてウグイ様のパレス(宮殿)になってしまったのではあるまいな・・・

(広告)栃木県日光市内の平屋住宅ですがグループホームなどにいかがでしょうか?csw-only-one.way-nifty.com/1/2006/06/post_5e1a.html#comments

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

|

« 豊平鱒人になった日 | トップページ | 最近の魚種について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/10852687

この記事へのトラックバック一覧です: 柳の下に2匹目のトラウトはいなかった:

« 豊平鱒人になった日 | トップページ | 最近の魚種について »