« 2006初出撃は | トップページ | 感動のラスト »

2006年3月28日

ニッカバーの竹鶴はどこか違う

ちょっとしたイベントごとがあったので、その流れで久々にニッカバーに行ってきました。
例によってキープしてある竹鶴12年をハーフで作ってもらいましたが、やはり家で飲む竹鶴と明らかに一味違う。
家のはスリムボトルでバーのは角ボトルという違いはあるのですが、中身は同じはず。
そこで店員さんに何か違いがあるのかと訊ねると、水は還元水といって、電気分解して水素濃度を高くしてあり、氷は羊蹄山の噴出し公園の水から作ったものとのこと。
家でも水はアルカリ水で氷は羊蹄山のロックアイスを使っているのでさほど違わない。
何が違うのでしょうか?
今度ニッカの営業の人に聞いてみたいと思います。


竹鶴12年←これです

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

|

« 2006初出撃は | トップページ | 感動のラスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/9301388

この記事へのトラックバック一覧です: ニッカバーの竹鶴はどこか違う:

« 2006初出撃は | トップページ | 感動のラスト »