« 我が酒に対する考察(ライフスタイル確立の一環として) | トップページ | 取りあえずピュアモルトも »

2006年1月 5日

初めてのシングルモルト

「山崎」はちょっと手が出ないのですが、ぜひ「シングルモルト」という物を飲んでみようということで、買ってみたのがこれ。
104_0451
104_0452
グレンフィディック12年ですが、サントリーが輸入代理をしているので、モルト界では入門級だと思います。
ハーフロックで飲んでみましたが、美味いです。昔飲んだスコッチのブレンディッド(確かカティサーク)が似たような味だったと言うことは、スコッチのモルトはこんな感じなのだろうか?日本のモルトはまた違うのかな?と、俄然「山崎」「白州」「余市」「宮城峡」などを飲んでみたい気持ちが強くなりました。
ちなみに、シングルモルトとは、一つの蒸留所で作られたモルトのみからなるもので、さらに一つの樽からなるそれは、シングルカスクと言う称号が与えられるそうな。

(サントリーHPのうんちくは次の通り)

グレンフィディック 12 年 スペシャルリザーブ

伝統的な製造工程で12年以上熟成させたモルト原酒のみでつくられています。ロビー・デューの泉の恵まれた水質、スペイサイドの大地で厳選された原材料の大麦、ハイランド地域の新鮮な空気と小型蒸溜釜でつくられた素晴らしい味わいのモルトです。

色=とても淡い金色。香り=洋梨やレモンを思わせるみずみずしくフルーティーな熟成香。味わい=ミディアムボディー。口あたり=繊細で滑らかなコク。後味=軽やかな後口。

|

« 我が酒に対する考察(ライフスタイル確立の一環として) | トップページ | 取りあえずピュアモルトも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/8010822

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのシングルモルト:

« 我が酒に対する考察(ライフスタイル確立の一環として) | トップページ | 取りあえずピュアモルトも »