« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日

今年1年お世話になりました

前略

2月からブログを始めて約1年、果たしてどのくらいの方々に見ていただけるのか半信半疑でしたが、多くのコメントやトラックバック、メールをいただき、思いのほかの反響に驚いております。誠にありがとうございました。
アップの簡単さや携帯からも投稿できるので、メモ帳感覚で更新してきました。
来年もいろいろと情報提供やニュースコメントをしていきたいと思っておりますので、叱咤激励をいただきたいと存じます。
今年1年「皆さま」には本当にお世話になりました。
来る戌年が「皆さま」にとって良き年になりますようお祈り申し上げます。

草々 皆さまの「札幌支店」支店長

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こだわるとこうなる

先日の記事でチルドビール(CB)のことを書きましたが、この外にもK社には2種類のCBがあるとのことで、その内の一本を買ってみました。
K社のHPにならい、こだわりの注ぎ方でやってみました。
CBはグラスに注いで飲んだ方が酵母が活性化してよろしいようです。
beer1-1
CBだけに雪の中で冷やしてみました
beer_002
グラスも冷却
beer_001
いよいよ
beer_003
1回目はわざと泡を立たせる
beer_004
2回目はゆっくりと泡を立てず
beer_005
3回目は泡を盛り上げる

美味いですねえ。
つまらないことですが、何事も努力は報われますな。
でも個人的には先日飲んだ方が苦味が効いていてフェイバリットですね。

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日

デザインを変更しました

現在の「札幌支店」の周りはこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかげさまでアクセス数1000突破

私がボランティアで運営している総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htmが、おかげさまで「アクセス数1000」を突破いたしました。
これもひとえに「皆さま」のおかげとお礼申し上げますと共に、今後ともご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。
意外にも年内にひとつの目標に到達いたしましたが、来年も地道にゆっくりやって行きたいと思っております。
「No.1000.doc」をダウンロード←ジャスト1000の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日

雪かき後の至福のとき

まあどうでもいい事ですが、最近札幌も結構積雪がありまして、一日一回は雪かきをするんですね。
で、今日もご多分にもれず朝から汗を流したわけですが、喉が渇いたので近くのコンビニに行ったらちょっと変わったビールに目が止まり、普段は第3のビールですらほとんど買わない私ですが買ってしまいました。
330mlで250円は高めですが、何ていうか、懐かしい苦味と言うか、昔のビールはこんな感じだったかなというような味で、美味かったです。
チルドビールと言うらしく、調べてみたら、要するに通常のろ過工程を省いている為、酵母が生きているので冷蔵で運搬しなければならず、賞味期限も5~60日くらいだということです。
つまらないことですが、調べてみると結構興味深いですわ。
beer

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日

羽越線の脱線事故

また悲惨な事故が起こってしまいましたね。
わたくし、父親の実家が山形県酒田市なので、特急「いなほ」は何回か乗ったことがありますが、田園の中を走るのどかな路線だったような記憶があります。
運転士は、突風で車体が浮いたと言っているようですが、もともと前の駅を1時間ほど遅れて出発していたのですね。
まあ1時間のビハインドを回復しようとスピードを出していたとは思えませんが、やはり「焦り」と言ったものはあったのでしょうかね。
お亡くなりになった皆さまのご冥福を心よりお祈りいたします。

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大リーガー・井口選手ら北海道の養護施設など訪問

下記の通り、私の勤める法人の別施設に野球選手が来訪しました。
井口氏については、今年に関してはヤンキースの松井氏よりも「価値」有る訪問と言えますか?
和田氏も有る意味「噂」の人ですから、ちょっとした騒ぎだったのでしょうね。

news002_2
米大リーグ・ホワイトソックスの井口資仁選手(31)と、プロ野球ソフトバンクの和田毅選手(24)が22日、北海道の障害者施設などを訪れ、サイン会を行った。施設利用者や子どもらはヒーローの登場に目を輝かせた。
井口選手の同施設訪問は2003年から。同施設職員が、ソフトバンクでスカウトをしている大学時代の先輩を通じて依頼、実現した。和田選手は昨年に続き2度目。
同日午後、井口、和田両選手が同施設の会場に姿を現すと、大きな拍手がわき起こり、2人は「雪が多くてびっくり。今年も来ることができてうれしい」とあいさつ。早速、サイン会を開き、気軽に握手するなどしていた。
2人はこの日、近くの児童養護施設と中学も訪れた。23日は、少年野球チームの児童を対象に野球教室を行う予定。
(2005年12月23日 読売新聞 管理者一部訂正)

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日

サッポロファクトリー・ジャンボツリー

毎年この時期になると、子供のクリスマスプレゼントの調達にサッポロファクトリーに行くのですが、今年から上の子がサンタの「現実」を知っているので、「騙し」の片棒を担がせることにしました。しかしながら小賢しい一言は、「サンタが誰だか知らなかったら、DSを頼もうと思ったのに」って、やかましいわい。
下の子は無邪気にも「たまごっち」を所望しますが、ない!。と思っていたら別のものにシフト。私が子供を引きつけている間に、家内と上の子でレジに並びますが、突如下の子が「やっぱこっちがいい」。ゲッ!何とか会計前に上の子に伝え、事無きを得ました。
ところで本題ですが、ファクトリーにジャンボツリーが登場したと言うことで、ついで(どっちがついでだか?)に見てきました。
factory_018
factory_019
factory_022
夜景モードで撮影すると、大通りのテレビ塔もこの通り


(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←わたくしがボランティアで運営しております。良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日

所得制限、年収860万円に緩和=夫婦子2人、児童手当で合意-政府・与党(時事通信)

 政府・与党は14日、2006年度予算編成で焦点の1つになっていた児童手当の拡充内容について合意した。小学3年までとする支給対象を来年4月1日から小学6年まで拡大。所得制限は標準世帯(夫と専業主婦、児童2人)でサラリーマンが年収780万円未満から同860万円未満、自営業者が同596万3000円未満から同780万円に緩和する。
 拡充に必要な追加費用は年間約2700億円の見通し。15日の児童手当に関する政府・与党協議会で正式決定する。
[時事通信社:2005年12月15日 01時11分]

財源はタバコ税の増税分を当てるようです。愛煙家の皆さまにとってはお辛いでしょうが、タバコを吸わない私にとっては朗報です。
我が家の場合、下の子は小学校入学時点から卒業まで満額もらえることになりますが、何よりなのは、一旦対象から外れていた上の子が、この措置により復活することです。

関連する情報として、酒税の増減税があります。
第3のビールやワインは増税、ビール、清酒、ウイスキーは減税だそうです。
最近ビール系統を飲まず、もっぱら日本酒かウイスキーである私にとって、これまた朗報と言えます。

(広告)総合支援エージェント・皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htm←良かったらお入り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日

地球帰還を3年延期=トラブル対策難航-探査機「はやぶさ」・宇宙機構(時事通信)

宇宙航空研究開発機構は14日、小惑星「イトカワ」に2回着陸した後、姿勢制御用エンジンにトラブルが起きた探査機「はやぶさ」について、復旧作業が難航しており、約3億キロ離れた地球への帰還を、当初予定していた2007年6月から3年遅らせると発表した。
[時事通信社:2005年12月14日 11時10分]

3年間というのはどういう意味なのでしょうか?
3年間も経てばほとんどの一般人は忘れてしまうだろうということなのか?
それとも、故障により当初の帰還スピードよりもゆっくり帰ってこなければならないということなのか?
はたまた、3年間で故障が修復できるということなのか?
いずれにしても、何だか見苦しい感じがしますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女児殺害事件に対する栃木県今市市の対応

この件に関し、栃木県今市市は通学路パトロールをボランティアに依頼したり、街路樹や公園の植込みを大人の死角にならないよう、120センチ未満に伐採したりするそうです。
対策としては悪くないですが、通学支援をボランティアに頼るのは気に入りませんねえ。
要するに「ただ」でよろしくということですよ。
義務教育なのですから、教育を受けさせる義務は親にあるとしても、安全に通わせる義務は市町村や都道府県、引いては国も担っても良いのではないでしょうか?
都市部とそれ以外では事情は異なるでしょうが、沿道支援員はやはり「報酬」を出すべきだし、通学路が遠い場合は「公費」で通学バスを出すべきでしょう。
また、植込みの伐採も良いですが、栃木県今市市には日光東照宮への参道である有名な「杉並木」がありますが、これも間接的には道路を暗く陰気にしている要因だと思っています。
古木が多いので「花粉」の被害は少ないようですが、管理にかかる費用は相当の額になると聞いたことがあります。
もちろん、全てを伐採しろとは言いませんが、不必要な杉は伐採し、管理費用を通学支援に充てられないものでしょうか?
余談ですが、わたくし実家が今市市なのですが、ある意味日光のための杉並木が今市市にあるというのは如何なものでしょうか?もっとも、日光と今市は合併するという話もあるようですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日

おかげさまでアクセス数900台半ば

私がボランティアで運営している総合支援エージェント 皆さまの「札幌支店」http://homepage3.nifty.com/CSW-ONLY-ONE/index.htmが、おかげさまでアクセス数900台半ばに達し、間も無く1000の大台に乗りそうです。
これもひとえに「皆さま」のおかげとお礼申し上げますと共に、今後ともご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや京都で女児殺害

一体この国はどうなってしまったのか?
私も大学の時4年間、埼玉県所沢市で塾講師のアルバイトをしていましたが、確かに子供たちは無邪気で、「先生、先生」と慕ってくれ悪い気持ちはしませんでした。
しかしながら、学校や塾の先生が信頼できなくて、子供たちは一体どこに行けば良いのでしょうか(もちろん、警察官が時々「どろぼう」になってしまうということは北海道でも証明済みですが)?
容疑者は記事の通り、名門私大に通う現役の大学生ですが、名門だから品行方正とは限りません。
現に私の出たW大学も、一応名門と言われていますが、「スーパー・・・・」というとんでもないサークルが世間をお騒がせしました。
また、この学生は逮捕歴があり、精神疾患も患っているならば、女児の親御さんとしたらどこに怒りの矛先を向けたら良いものやら。
私も児童の親として、あるいは通所施設に勤める者として、身につまされる話です。

(以下、記事より抜粋、一部削除・訂正)

容疑者は同志社大学法学部の4年生で、03年6月に大学図書館で女子学生(当時22歳)のかばんから財布などを盗み、発見した警備員から逃げようとして体当たりなどを繰り返して、強盗致傷容疑で京都府警に逮捕された。この事件で同10月~今年3月、停学処分を受けて留年。勤めていた塾も解雇された。今の塾には03年11月に採用され、小学生には国語、中学生には英語を教えていた。また、調べに「精神関係の病気で通院中」などと話しているという。
 女児は先月から容疑者の授業を嫌がり、今月から国語の授業を受けていない。
(毎日新聞) - 12月10日20時46分更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判決文は長い方が良いのか?

横浜地裁の判事が、判決文が短いと言う理由で再任を拒否されるようです。
もちろん、それほど単純なものではないでしょうが、個人的には、判決理由が分からないような短さは論外としても、素人には分からないような専門用語で、ダラダラと長い判決文も、それはそれで問題な気がします。
いずれにしても、程度問題ですが、司法従事者の専門性や力量もピンきりと言ったところでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診療報酬引き下げ

3%程度を目処に検討されているようですが、個人的には歓迎の意向です。
もっと早く着手しても当然でしょう。
民間企業は別としても、収入の大半を何らかの公的制度(保険制度も含めて)に依存している業態(公務員なども含む)では、報酬のカットが行なわれています。
医療業界も「聖域」ではないということです。
士気に関わるほどの大幅なカットはどの業界でも願い下げですが、応分の負担は止むを得ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日

「はやぶさ」のことばかりですみませんが・・・

「はやぶさ」は帰還できない可能性があるばかりか、試料を採取できていない可能性もかなり高いことが分かったそうです。
当局は「着地の衝撃で舞い上がった砂が付着しているかもしれない」と往生際の悪いことを言っています。
莫大な費用をかけて、一体何をしに行ってきたのでしょうね。
失敗は失敗、負けは負けで、ミスを認められないのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 4日

女児殺害事件に思う

広島県に引続き、栃木県でも女児殺害事件が起こってしまった。
これら一連の事件は、私にとって不思議な因縁があるように思えます(もちろん偶然ですが)。
まず広島で殺害された女児は、最近まで千葉県船橋市に住んでおり、私も札幌に来る前は船橋在住でした。
また栃木県今市市は、実は私の現在の実家なのです。
いずれにしても、同世代の児童の親として、いたたまれない思いであると共に、憤りと恐怖を感じざるを得ません。
お二方のご冥福を心よりお祈りいたしますと共に、事件の早期解決と再発防止を望みます。
(追伸)
父親として、またしても浜田省吾「I am a father」の歌詞が頭をよぎります(特に2番)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »