« 平成17年度保育士試験 養護原理 問9 選択肢Cの個人的解釈 | トップページ | 豊平川の敵をラルマナイ川で討つ »

2005年8月18日

またフッキングミス。しかも2回も!

性懲りもなく出勤前に豊平川のいつものところで道草。
橋の下流の流れ込みでブレットンは不発。さらに下流に行ってから上流に引き返す時に、新人くんの「ピュアシェル3.5g黒/金(スプーン)」を同じ場所で流すと、小さいニジがヒットしたのですが手元でバラシ。
今度は最上流の岩下の深みで、同じくピュアシェルにナイスフィッシュがバイトするもフッキングミス。まったく痛恨です。
シェル系のスプーンは良く釣れると言う話はその通りでしたが、今回は元もとついていたシングルフックが少々太かったのに、細いサポートフックをつけただけだったので、この有様でした。
ところで、川岸にロープで安全通路のようなものが出来ていたので、ここもついに護岸工事でもするのかと思ったら、「化石の発掘調査」でした。
050820_003
pic_0297

|

« 平成17年度保育士試験 養護原理 問9 選択肢Cの個人的解釈 | トップページ | 豊平川の敵をラルマナイ川で討つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/5523709

この記事へのトラックバック一覧です: またフッキングミス。しかも2回も!:

« 平成17年度保育士試験 養護原理 問9 選択肢Cの個人的解釈 | トップページ | 豊平川の敵をラルマナイ川で討つ »