« ミッチェル アボセット AV-C1000 | トップページ | 大冒険の夏休み »

2005年7月27日

ブログリニューアルに当たっての基本コンセプト

遅くなりましたが、このブログをリニューアルするに当たっての所信表明を一言(とは言え長いですが)。
イントロダクションのカテゴリーにも書いておりますが、私は大手企業営業マンから社会福祉施設職員(社会福祉士)という180度の転職と、それと時期を同じくした中央から地方への転居(いわゆるIターン)を経験しております。その際、精神的・肉体的労力は別としても、遠隔地における情報収集・状況把握の困難さや、現地の資源(業者・転職先・その他)をいかに活用するかについては、やはり総合的にワンストップで、しかも気軽に相談に乗ってくれる人なり機関があれば本当に助かるなあと思ったものです。
多少具体的に書きますと、前職では東京本社に勤務しておりましたが、私が最後に所属していた部は、事業部として担当する製品群としては、どちらかと言うと「支流」にあり、従って営業拠点や人員にも恵まれず、絶えず地方出張や支社の他部門の支援を受けていました。付合っていた商社や代理店もいわゆる大手ではなく、子会社や資本関係のある会社で、金払いもエンドユーザーの入金待ちといった具合で、下手すると私たちメーカーが直接エンドユーザーに請求するなどといった信じられないこともありました。調達側にとってみれば、そんな商社が入ることで不要なコストがかかり、百害あって一利無しです。中にはOBと称して怪しげな個人事業者が暗躍したりもしており、対等で信用の出来るビジネスパートナーを待望したものです。
また、札幌に転居した際、同時に家を建てたのですが、土地探しから始まり、業者との契約、施工管理など、遠隔地とのやり取りや何回かの往復は金銭的にも並大抵の労力ではありませんでした。
さて、このようなことは、意外と多くの方が経験されているのかもしれませんが、とは言えその中からおぼろげに見えてきたのは、微力ながら自分の経験や特技、資格を活かして(詳細はプロフィールをご参照下さい)、様々な状況にある皆さまの「札幌支店」になることはできないだろうか?ということです。世の中アウトソーシングの時代ですし・・・
時間は掛かると思いますが、具体的には、別のホームページでこのコンセプトを実現していきたいと思っています。

|

« ミッチェル アボセット AV-C1000 | トップページ | 大冒険の夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/5173113

この記事へのトラックバック一覧です: ブログリニューアルに当たっての基本コンセプト:

« ミッチェル アボセット AV-C1000 | トップページ | 大冒険の夏休み »