« ダブルヘッダー初日 釣行記 | トップページ | 保育士試験初日を終えて »

2005年7月30日

ダブルヘッダー2日目 釣行記

2日目は先ず、迷わず昨日の喜茂別川「イワナパラダイス」へ。
今度は私が上流、先輩が下流へ行くも、昨日の雨で増水と濁りがあり、上流方面は限界があったので、私も下流方面へ先輩を追います。
合流した時には既に先輩にイワナのナイスフィッシュが来ており(Dコンタクト強し)、先ずは一安心。私も昨日は不発だった流れ込みでDコンタクト/ピンクにイワナが来ますが、ほぼ手中に収めたところで自動リリースし画像はありません。その後、喜茂別川の少し下流で短時間やってみますが、やはり増水の影響が否めず、私がイワナを自動リリース(Dコンタクト赤/金、画像なし)したのみでした。
何となく尻別川/留産橋には未練があり、何とか先輩にニジを釣ってもらいたいという一心から立ち寄りますが、ここも増・濁水で暗雲が立ち込めます。ヘブン(スプーン)にこだわる先輩は急流の瀬を果敢に攻め、見事ニジを掛けますが、やはり運命の女神は非情にも彼からニジを奪いました。
次に、昨日行く予定だった真狩川を目指して、途中「唄う細川たかしの銅像」などを観ながら車を進めます。所々車を止めて川を見てみますが、どうも竿を出す気にはなれず、最終的にまあまあのところがあったのでやってみますが、増・濁水に悩まされ、結局真狩川は断念しました。
最後に蘭越町まで足を延ばし、昆布川沿いを南進しますが、土曜日とあって目ぼしいところには先行者がおり、かなり上流の名もない橋から入渓します。ここでは先輩に待望の?ニジではなくヤマメが2匹来て、2目達成。私は最後の気力を振り絞り、独り上流を目指します。途中雰囲気の良い流れ込みでメップスコメットに待望のバイト。キャッチした個体に赤い斑点があったので、とっさにオショロコマだと喜んだのも束の間、良く見るとブラウンではありませんか!少し上でも同じような状況でブラウンを追加し、まさかここはブラウン川ではないのか?と嬉しいような複雑な心境でした。最後にメダカのようなチビヤマメが気付かないうちにコメットについて来て、これを潮時に納竿としました。
帰りは蘭越の温泉で激戦の疲れを癒したあと、小樽観光といきたかったのですが、あいにく「潮まつり」とぶつかり、車中からの運河見物となりました。
2日間の釣行を終えて、返す返す悔いが残るのは、先輩にニジを釣らせてあげることが出来なかったことです。しかしながら、先輩は人生初のイワナを釣ることが出来たことを手放しで喜んでいただき、皆さまの「札幌支店」「アウトドア支援部」の初仕事としては、まずまずの成果だったかなと自画自賛しています。
050730_013
昆布川/ブラウントラウト/メップスコメット(銀/青)
050730_015
昆布川/ブラウントラウト/メップスコメット(銀/青)
050730_017
昆布川/チビヤマメ/メップスコメット(銀/青)

その他、喜茂別川でイワナ2匹をほぼキャッチ(ランディング後自動リリース)/Dコンタクト(赤/金とピンク)

|

« ダブルヘッダー初日 釣行記 | トップページ | 保育士試験初日を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/5232443

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルヘッダー2日目 釣行記:

« ダブルヘッダー初日 釣行記 | トップページ | 保育士試験初日を終えて »