« 豊平川の教科書的なポイントとは | トップページ | ブログリニューアルに当たっての基本コンセプト »

2005年7月27日

ミッチェル アボセット AV-C1000

avocet
先日、釣具屋へブレットンを買いに行ったとき、衝動的にこのリールを買ってしまいました。
ミッチェルという名前をご存知でしょうか?何でもフランスのメーカーだそうで、かつてはスピニングリールのことをミッチェルと言うほど代名詞になっているそうです。
小型のスピニングはシマノアルテグラ浅溝スプールを使っているのですが、ピッチングなど細かい釣りではライントラブルが多かったので、手頃な深溝のスピニングが欲しかったのです。
渓流でスピナーなどを使うときは、着水と同時にリトリーブを開始する為には、着水の前に巻き始める態勢になっていなければならず、個人的にはシングルハンドルよりダブルの方が使いやすいと思っているのですが、今回は久々のシングルです。
ラインはデュエルエックステントラウト6ポンド(カモフラージュ)を巻きました。これで約4000円は安いかな?

|

« 豊平川の教科書的なポイントとは | トップページ | ブログリニューアルに当たっての基本コンセプト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86991/5170827

この記事へのトラックバック一覧です: ミッチェル アボセット AV-C1000:

« 豊平川の教科書的なポイントとは | トップページ | ブログリニューアルに当たっての基本コンセプト »