« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月27日

やっと出ました

ようやく2005年のファーストトラウトと出会いました。
尺ヤマメを筆頭に3本で、場所は尻別川です。
前回下見をしたときは増水で入れる状態ではなかったですが、今回は本流も適当な水量で良いコンディションでした。
3本とも瀬の流心を少し外れたところをダウンストリームで引いてヒットしたものです。
やはり、最後はヘブンに救われます。
050627_0002
堂々とした尺ヤマメです(ヘブン3g赤/金)
050627_0004
小さいですがニジマスです(ブレットン3g赤/銀)
050627_0007
画像不鮮明ですがヤマメです(ブレットン3g赤/銀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日

デザイン変更

ご覧の通り、ブログのデザインを変えてみました。
今回は、本格的な川釣りシーズンを迎え、清流をイメージしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の藻岩山

このところの札幌市は30度前後の日が続き、特にこの2日間は真夏日で、6月に真夏日が2日あったのは観測史上半世紀以上ぶりだそうです。
小樽市も観測史上の最高気温を記録したそうで、この時期、さわやかな気候を求めて道外から来られた方は災難でしたね。
あまり脈絡はありませんが、近所の南22条橋(豊平区側)から藻岩山を撮ってみました。
結構このアングルが好きなんです。
moiwayama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後の青じそ

その後、我が家の青じそはこのように育ちました。
間引きが足りないのか、まだまだ収穫には程遠いですが、気長に育てて行きたいと思っています。
aojiso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日

車いすマラソンの沿道支援をしてきました

本日、2005はまなす全国車いすマラソン大会が札幌市中心部で催され、札幌市無線赤十字奉仕団の団員(大会としては救急連絡員)として沿道支援をしてきました。
私は南22条橋西側(往路中央区側)ポイントに無線中継局を設置したのですが、豊平川対岸の東側ポイント(豊平区側)に先輩団員が配置され、お互い孤独な支援となりました。
幸い事故等のアクシデントもなく、2時間程度で任務は終了しました。
050619_0001050619_0006050619_0007


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月18日

ついに医療ソーシャルワーカーの国家資格が出来てしまった

以前から取り沙汰されていたことですが、本日の朝日新聞の1面に、「臨床心理士」「医療心理師」という2つの国家資格が誕生すると言うことが報じられています。
従来は医療ソーシャルワーカーといえば、社会福祉士か精神保健福祉士あたりを持っていれば良いほうで、別に無資格でも良かったわけですが、これで「社会福祉士」ではない国家資格が実質的に業務独占することになりそうですね。しかも医療保険の対象になりそうだと言うのですから、社会福祉士としては致命的でしょう。
社会福祉士というこの資格、一体どうなってしまうのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日

RZ250ナンバー登録

オートバイの乗りだしに備えて、札幌の軽自動車協会にナンバー登録に行ってきました。不揃いで「9」が2つもあるナンバーでしたが、あまり縁起をかつぐほうではないので気にはなりません。
自賠責も事前にネットで登録しておけば、コンビニでシールと証券を受け取れるので便利になったものです。
今週末くらいには乗り出せるかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日

青じそ

今年のささやかな楽しみとして、庭で青じそを栽培しています。
今年は春が遅かったせいか、なかなか発芽せずやきもきしましたが、最近やっと双葉が出て、小さいですが青じそらしい葉っぱもチラホラ。なぜか青じそにこだわっている私を、家族は不気味がっています。
aojiso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずらん?

昨日、幼稚園のハイキングで札幌市南区にある国営滝野すずらん公園に行ってきました。
歩いている途中、すずらん?と思われる白い花に出会ったのですが、後で考えてみると少し大きいような気がしました。すずらん公園ですから、当然すずらんがあって良いわけですが、すずらんにも大小があるのでしょうか?
suzuranhanabatake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日

RZ250始動準備

私の趣味のひとつにオートバイがあるのですが、この度3年ほど物置で眠っていた初期型RZ250を久々に乗り出そうと、ショップに持って行きました。
去年エンジンをかけた際、キャブからガソリンがオーバーフローし、また未登録中なので押して持って行ったのですが、オートバイ同様自分も寄る年波で汗だくになってしまいました。
今回は12ヶ月点検とキャブのオーバーホール、ギアオイル交換、ウインカーリレー交換をする予定です。
rz250_004srz250_007s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 1日

社会福祉士資格についての個人的所感

社会福祉士会のメーリングリストで、再びこの資格の意義や会の是非について論議されているようですので、約1年前に書いた私の原稿を投稿させてもらいます。

<この原稿は、(財)日本知的障害者福祉協会発行「さぽーと」(2004年5月号)に掲載されたものを、一部加筆修正したものです>

社会福祉士の資格が出来て十数年経ちますが、未だに公的な業務独占分野が無く、採用側が独自に採用条件にする等以外は配置基準すら聞いたことがありません。せめて配置に関し努力義務くらいあっても良さそうなものですが、それも無いようです。このことは他の福祉以外の国家資格と比較しても、取得した人にメリットが少ない資格だと考えられます。現在の内容ならせいぜい業界の検定試験程度でよく、他の検定試験でも実質的には採用基準や企業の評価基準になっていたりする立派なものも少なくありません(簿記、そろばん、英検、建築業経理事務士、他)。趣味の資格でさえ、その資格や級によって操作できる機械や乗物の範囲が限定されるのですから(アマチュア無線、船舶免許、他)、ある意味趣味以下の資格だとも言えます。

また、受験資格取得までに金銭的・時間的に相当の労力を費やす割には、いざ試験は簡単(合格率30%弱なので、国家試験の中では簡単な部類です)というのでは、受験者にとって負担と満足度とのバランスが悪い資格と言わざるを得ません。受験までのルートも異常に多様で、一見広く門戸を開放しているようですが、その分中間に様々な養成施設や通信教育などが介在する余地があり、受験ビジネスとしては格好の資格でしょう。これほど厳格な受験資格を要求する訳ですから、合格者の処遇がもう少し恵まれていても良いのではないでしょうか。受験資格不問かせいぜい高卒程度で受験でき、一定の独占業務をもつ国家資格はたくさんあります(宅建、行政書士、他)。

そうこうしている内に、高齢者分野では介護支援専門員(ケアマネージャー)、精神しょうがい分野では精神保健福祉士が登場し、医療分野では医療福祉士(仮称)なるものが論議されていると言うのですから、この資格の将来は一体どうなってしまうのでしょうか。我が知的しょうがい分野でも知的しょうがい福祉士なる検定試験が実施されていますから、福祉行政のタテ割り組織がそのまま資格にまで影を落としている構図で、これでは他業種と連携しろと言われても、そもそも業務範囲がバッティングしており、支離滅裂もいいところです。

蛇足ながら、介護福祉士と同じ法律でくくられているのも思えば変な感じですし、このことが社会福祉士の影を薄くしている遠因のようにも思えます。

ところで、かく言う私がこの資格を取ったのは、法学部出身で全くの異業種から転職した者として、この業界で仕事をしていく上での最低限の知識の証だと思ったからです。ところが、存外資格保有者は少ない。即ち、資格が無くても仕事が出来てしまう業界であり、むしろ資格よりは経験とカン、そして一種の名人芸・神技の様なものが幅を利かせている気がします。この業界で重宝される資格は、看護師、栄養士、調理師、並びに大型自動車免許です。

さて、長々とネガティブなことを書いてしまいましたが、別に自己卑下するわけでも、ましてやこの資格がダメな資格だと言っている訳でもありません。私は、この資格のハードルをもっと低くして、この業界の誰もが持っている空気のような資格、言わば教員免許のようなものにすれば、実質的な業務独占が進み、資格の地位や知名度が上がるのではないかと思っています。その為には、もちろん我々社会福祉士がひとり一人の職場・現場で地道な実践を積み重ね、また時としては声を大にして存在を主張しなければなりません。しかしながら、それだけではなかなか届く声も届かず、正直言ってジリ貧か下手をすると資格自体の消滅や統廃合ということも想定されます(国家資格の中で、今すぐ無くなっても国民が困らないものの最高峰だと思われます)。従って、業界団体等の行動を通して、法律改正も視野に入れた確固たる動きや、マスコミ等による社会福祉士の知名度アップ(ドラマやCM)といった大胆な発想も必要な時期に来ているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »