« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月27日

沈黙の支笏湖

今年2度目の支笏湖も沈黙でした。
往きの国道で2005初「キタキツネ」に遭遇し、良いことがあるかな?と思ったのですがね。
pic_0242
トンネル下と苔の洞門前で頼みのヘブンを投げまくりましたが、完璧に沈黙でした。
pic_0243
ちなみに、今年初めて「入水」しましたが、思ったほど水は冷たくなく快適でした。
復路では、今度は5~6頭の「エゾシカ」が道を横断しようとしているところに出くわしました。角がなかったので母鹿と小鹿でしょう。
動物には会うのですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎の脱線事故

尼崎の列車脱線事故では、90人以上の犠牲者が出たとのことで、お亡くなりになられた方々には、慎んで哀悼の意を表します。
尼崎には親戚が住んでおり、特に塚口は最寄り駅だけに心配されましたが、幸い事故に遭遇した者はなく、安堵しています。
思えば電車と言えば安全な乗物という印象が強く、サラリーマン時代から今でも電車通勤をしている私にとって、乗っているこの電車が事故を起こすとは全く思わないわけですから、一瞬の出来事だったのでしょう。
しかしながら、東京時代には日比谷線の脱線事故や地下鉄サリン事件など、身近に電車関係の事故・事件がありましたから、人ごとではありませんね。
まあ、北海道の電車は雪などでよく遅れますから、少々の遅れや運休などは気にもなりませんが、やはり関西の人は比較的せっかちなのかな?と思ったりもします。
世はスピード時代ですが、スローな分には安全だなとつくづく考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日

2005年初出撃

今年はじめて支笏湖に行ってきました。
昨日夏タイヤに換えようと思ったのですが、念のため冬タイヤで行って良かった。まあ、国道は概ね雪はなかったのですが、所々日陰のコーナーは凍っており、お尻をふりふりポロピナイキャンプ場に到着。ここでは釣る気はなく、様子見だけですぐに旧有料道路に移動。入水する気力はなく、長靴だけでテトラから陸っぱりをする。スミス/ピュア5gを結びキャスト開始早々ライントラブル、処理しているうちにルアーが根がかりしロスト。軽めのルアーをとヘブン3gにスイッチし投げ続ける。やはり頼みはこれしかないのかと思うが、ヘブンは昨年何度も救われたルアーなので、期待感は大きい。一度コツッという反応があり、あわせるが乗らず。その後一度、足元でトラウト系のチェイスを目撃。35~40はあるレインボーかブラウンか?その場で粘るがその後無反応。今日は下見がメインだったので、深追いはせず帰宅する。
ちなみに、ライントラブルを処理している時、何となく腐臭が漂っており、何かな?と思っていたら、シカくんのご遺体が横たわっておりビックリしました。おそらく道の草でも食べている時に足を踏み外し、テトラの隙間に転落したのでしょう。
今年の大雪にしてみれば、意外と雪は少なく、これからボツボツいけそうかなという感触を得ました。
050417_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日

自転車通勤

積雪の状況が一段落したので、今日から最寄り駅までの自転車通勤を再開しました。
そもそも私の職場は自宅と離れており、又ほとんどの人が自家用車通勤なのですが、私も転職当初は車通勤でしたが、ある時以降は公共交通機関で通勤するようになりました。理由は、やはり本を読みたいということと、多少なりとも運動になるかな、ということです。
さすがに冬場は自転車というわけにはいきませんが、雪がない季節は余程の雨でもない限り、自転車に乗るようにしています。大げさに言えば環境に優しい通勤方法と言えますが、要するに運動の為と、何より季節の移り変わりを五感で感じられる点はメリットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出撃できず

先週の記事で、今週末支笏湖あたりに探検に行ってきますと言ってしまった手前、土曜日にリールのラインを巻きかえ、気合い十分で迎えた日曜日、朝からあいにくのみぞれ模様で出撃断念。
ネット上にある支笏湖ライブカメラでも、まだ渚まで積雪があり近づけない感じで、それでも既にウェブの情報ではブラウントラウトが上がっているようなので、一体どうやって入水しているのだろうかなどと思いながら、いよいよ来週こそはと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日

出撃準備

4月に入り、札幌もようやく春の兆し(の兆し)のようなものが感じられるようになりました。
この時期になると、そろそろ釣りの初出撃をいつにしようかと考えるのですが、今年の北海道は雪が多く、出撃はおろか、初トラウトに出会えるのは恐らく昨年よりは遅いだろうと思ったりしています(ちなみに昨年は、5/6に支笏湖で初トラウトに出会いました)。
ブラックバス時代は3/20前後に初バスが出るというのが毎年の傾向でしたが、まだこちらの季節感が身についていないということなのでしょう。
という訳で、昨日近所の釣具店に出向いてきました。目的は、このシーズンの「激戦」を戦い抜くラインを巻きかえるためです。昨シーズンは途中でラインをオレンジ系の視認性の良いラインに巻きかえたのですが、どうもそのことが災いしたのか?後半釣果が伸びなかったので(単なる腕の問題だと思いますが)、今年は渓流用の6ポンドはミストブラウン、湖用の8ポンドはウォーターグリーンと、どちらもカモフラージュ系をチョイスしてきました。
さて、このことが今年の釣果にどう出るか?来週あたり一度、支笏湖畔を探検してこようと思う今日この頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »